産後に太りやすい原因1

産後ダイエットが必要な理由は?
妊娠中や産後が太りやすいから…
産後はなぜ太りやすいのでしょう?


産後に太りやすい原因を考えてみましょう。



産後太りの主な原因は以下の3点です。


産後太りの主な原因

@基礎代謝量の低下
A骨盤の歪みと開き
B腹筋の伸び


産後太りの原因がわかれば、
産後ダイエットの方法も理解しやすいですね。
その原因に対応すればいいのです。


では原因を解説してみましょう!



@基礎代謝量の低下

「基礎代謝」とは、
特に何もしていない状態の時の消費カロリーの事です。

妊娠中は動作がゆっくりになったり、
動く時間が少なくなり、
カラダ全体の筋肉が衰えてしまいます。

そして脂肪が多くなり
筋肉の量が減ってしまいます。

「基礎代謝量」は、筋肉の量と比例します。

筋肉が減り脂肪が多くなるだけで
「基礎代謝量」は少なくなってしまいます。

つまり、妊娠後のカラダはカロリーを消費しにくい
太りやすいカラダになっているのです。

ですから、産後ダイエットは、
適度な運動が必要となります。



A骨盤の歪みと開き

出産後の骨盤は正常な状態ではなく
「歪み」や「開き」がおこっています。

この歪みや開きを正常な元の状態に戻す必要があります。

骨盤の歪みと開きは通常は、半年でほぼ元の状態、
元の位置に戻りますが、
体質や年齢によっては元に戻りにくい場合もあります。

元の状態に戻らない場合は、
開いた骨盤に腸や胃が入り込み、
お腹がぽっこり出たり、
お尻が大きくなってしまう事になってしまいます。

骨盤矯正は、
産後ダイエットの方法として非常に高い効果があります。



B腹筋の伸び

妊娠中はお腹が大きい状態が長く続きますので腹筋が伸び、
産後も腹筋が伸びた状態が長い期間続きます。

腹筋には内臓を守る働きがあり、
腹筋が伸びたままの状態では
その働きが十分に機能せず、
カラダは皮下脂肪を蓄えて内蔵を守ろうとします。

この皮下脂肪が完全に付いてしまうと、
お腹がぽっこりとなり、
ウエストが引き締まらないという結果になるのです。


スポンサード リンク

産後ダイエットについて
産後ダイエットの特徴
骨盤矯正トコちゃんベルト
産後に太りやすい原因
産後に太りやすい原因1
産後に太りやすい原因2
産後ダイエット
産後ダイエットの目標
産後ダイエットの期間
産後ダイエットの食事
産後ダイエットの体操

スポンサード リンク